1. トップページ>
  2. 水素に関する学術文献>
  3. メタボリックシンドローム

1.1.1 水素水はメタボリック症候群を予防

学術雑誌名:
J. Clin. Biochem. Nutr., 46, p1〜10, March 2010
表題:
Effectiveness of Hydrogen Rich Water on Antioxidant Status of Subjects with Potetial Metabolic Syndrome- An Open Label Pilot Study
(潜在的にメタボリック症候群を有する被験者の酸化状態に対する水素豊富水の効果:Open labelパイロット試験)
著者:
Atsunori Nakao et al(所属機関 ピッツバーグ大医療センター、KGK Synergize, Inc.)

概要:
メタボリック症候群は、肥満、インスリン抵抗性、高血圧、異脂肪症等を含む、心臓代謝危険因子を有することを特徴とする。
また、酸化ストレスは、このメタボリック症候群の発症に、重要な役割をしていることが知られている。
本試験は、潜在的メタボリック症候群被検者を対象に、open試験で水素豊富水を1.5-2リットル/日、8週間与えて、その効果を検討する目的で実施した。 水素豊富水は、金属マグネシウムスティック(F社製)を飲料水に入れて作成した(水素濃度:0.55〜0.65mM)。その化学反応式はMg + 2H2O → Mg(OH)2+H2 である。
水素豊富水を8週間飲水した結果、抗酸化酵素のスーパーオキサイドディスムターゼ(SOD)は39%上昇し、尿中のチオバルビツール酸反応性物質(TBARS:活性酸素によって生成する物質の1種)は43%減少した。
更に、4週目の血中のHDL-コレステロール(善玉コレステロール)は8%上昇し、総コレステロール/HDL-コレステロール比は13%減少した。8週を通して空腹時血糖値に変化は無かった。
結論として、水素豊富水の飲水は、メタボリック症候群の治療及び予防に有用な新たな方法となりうることが分かった。
携帯用のマグネシウムスティックは安全で、手軽な持ち運びが可能な水素豊富水として本試験の被検者が毎日飲水する事が可能な有用な方法であった。

PAGETOP

1.1.2 メタボリックシンドロームモデルラットに対する水素水の飲水効果

学術雑誌名:
第45回高血圧関連疾患モデル学会学術集会 Med. Gas. Res., 2011, 1:26 (3 November 2011)
表題:
メタボリックシンドロームモデルラット(SHR.CG-Leprcp/NDmer)を用いた水素の機能性の検討
著者:
橋本道男(島根大学医学部環境生理)他

概要:
分子水素(H2)はフリーラジカルの有効な消去作用が知られており、しかも活性酸素種(ROS)の中でも細胞毒性の高いOH・に選択的に作用する事が報告されている。
メタボリックシンドロームはその発症の過程で酸化ストレスが関与しており、本研究ではヒトのメタボリックシンドロームの病態モデルとして開発されたラット(SHR.CG-Leprcp/NDmer)に対して水素水スティックで作成した水素水がその症状の進展に対して効果があるか否かを検討した。
この雌ラットに浄水器ろ過水を自由に摂取させる群(対照群)とフレンディア社製スティックをろ過水に入れて作成した水素豊富水群を自由に摂取させる群(水素水群)の2群に分け比較した。
経時的に尿・血液検査を行い16週後に屠殺して腎臓を摘出し、糸球体硬化度ならびに病理検査を行った。
その結果、尿中のアルブミンの低下と腎機能指標のクレアチン浄化値の上昇が水素水群で認められた。また、水素群の血漿中の抗酸化能は対照群に比べて有意に上昇していた。
さらに、水素群に於いて病理観察による糸球体硬化度は有意に低く、腎臓障害の進展に対する抑制効果が認められ、この効果と血漿中の尿素体窒素量との間に正の相関性があることが明らかになった。
以上の結果から、水素水はメタボリック症候群モデルラットに対してその病態の進展に対して予防的な効果があることが示唆された。

PAGETOP

1.1.3 水素水のメタボリックシンドロームに対する臨床試験

学術雑誌名:
医学と生物学No.10, P377〜383(2006)
表題:
Research on the Improved Effect on Lifestyle-related Diseases through Clinical Study with Active Hydrogen Water
(水素豊富水の生活習慣病の改善効果に関する臨床試験)
著者:
李海宣(韓国医学研究所、延世大学)、具然和(鈴鹿医療科学大学大学院保健衛生学研究科)

概要:
韓国研究施設において、2型糖尿病、高血圧、 肥満等の男女メタボリックシンドローム患者を対象に水素豊富水群23名、 プラセボ(偽薬)群20名に分け、毎日1.5〜2リットルを摂取して、水素水の臨床効果を検討した。
2型糖尿病では、プラセボ群に比べて経時的に有意に空腹時及び食後血糖値の低下が認められ、 高脂血症患者では、HDLコレステロール(善玉)の上昇とLDLコレステロール(悪玉)の減少、 中性脂肪の低下等糖尿病、高脂血症に対する改善効果が期待される結果が得られた。

PAGETOP

 

高濃度水素水生成器Lourdesについて詳しくはこちら

エステサロンでの導入事例

水素水を東北へ届けようプロジェクト

水素に関する学術文献

水素水情報館

湯上りカラダ美人