1. トップページ>
  2. 水素に関する学術文献>
  3. 糖尿病

1.2.1 2型糖尿病に対する臨床試験

学術雑誌名:
Nutrition Research,28(2008)p137〜143
表題:
Supplementation of hydrogen-rich water improves lipid and glucose metabolism in patients with type 2 diabetes or impaired glucose tolerance
(訳:水素豊富水投与により2型糖尿病患者の脂質、糖代謝の改善、または耐糖能が改善)
著者:
梶山静夫他(梶山内科クリニック、京都府立医大、他)

概要:
酸化ストレスは糖尿病、高血圧症、動脈硬化症等多くの疾患の原因となる事が広く認められている。本研究では2型糖尿病或いは耐糖能異常を有する患者の脂質及びブドウ糖の代謝に対する水素豊富水の効果を臨床的に検討した。
試験はダイエット及び運動療法で揃えた30人の2型糖尿病患者と6人の耐糖能異常患者を対象として2重盲検でクロスオーバー法により実施した。純水に水素ガスを加えて作成した水素豊富水900ml(300mlを1日3回)を8週間摂取させて、その効果をプラセボ群と比較した。水素水群において、血中のLDL及び酸化マーカーの一つであるイソプラスタンの有意な低下が認められた。
また、動脈硬化の原因となる酸化LDL及び遊離脂肪酸の低下傾向と抗酸化酵素であるSOD(スーパーオキシドディスムターゼ)の上昇傾向が見られた。
さらに、耐糖能異常患者の6人中4人が正常化した。
これらの結果から水素豊富水は2型糖尿病及びインスリン耐性の予防に有用であることが臨床的に認められた。

PAGETOP

1.2.2 糖尿病モデルマウスを用いた発症予防作用

学術雑誌名:
医学と生物学、No.11, P1〜9 (2006)
表題:
Anti-oxidation Effect and Anti -Type 2 Diabetic Effect in Active Hydrogen Water
(水素水の抗酸化作用および2型糖尿病に対する効果)
著者:
具然和 他 ( 鈴鹿医療科学大学大学院保健衛生学研究科、Hi-tech 研究所 )

概要:
2型糖尿病のモデルマウスである、KK-AYと正常マウスを用いて、水素豊富水と水素を含まない水道水とで、発症予防及び軽減作用を比較検討した。
3ヶ月間の連続投与により、水素豊富水には抗酸化作用及び、血糖値の低下作用が認められ、2型糖尿病の発症を軽減することが示唆された。

PAGETOP

1.2.3 水素水の糖尿病マウスの膵β細胞に対する保護効果

学術雑誌名:
Biol. Pharm. Bull., 30(2) 234-236(2007)
表題:
Preservative Effect of Electrolyzed Reduced Water on Pancreatic β-Cell Mass in Diabetic db/db Mice
(糖尿病db/dbマウス膵β細胞容積に対する水素水の保存効果)
著者:
Mi-Kim et al. (同徳女子大学肥満管理科、韓国他)

概要:
糖尿病では、酸化ストレスにより膵β細胞の機能低下が起こる。 活性酸素種(ROS)の増加と、抗酸化防御能の低下に伴い、糖尿病の酸化ストレスは増大する。
従って、ROS消去能を有する水素水は、酸化ストレス状態にある糖尿病モデルマウスに対して潜在的効果が期待できる。
本報では遺伝的糖尿病マウスC57BL/6J-db/dbに対する抗糖尿病効果を検討した結果、水素水は血糖値低下作用、血中インスリン濃度上昇作用、耐糖能の改善作用、膵β細胞容積の保持作用等が認められた。
これらの結果は、水素水がβ-細胞の障害を保護し、抗糖尿病剤として有用であることを示唆している。

PAGETOP

 

高濃度水素水生成器Lourdesについて詳しくはこちら

エステサロンでの導入事例

水素水を東北へ届けようプロジェクト

水素に関する学術文献

水素水情報館

湯上りカラダ美人