1. トップページ>
  2. 水素に関する学術文献>
  3. 肝疾患

3.1.1 水素は肝炎に有効

学術雑誌名:
Medical Gas Res., 2011, 1:24 doi:10.1186/2045-9912-1-24
表題:
Anti-inflammatory properties of molecular hydrogen: Investigation on parasite-induced liver inflammation
(分子状水素の抗炎症作用:寄生虫で誘起した肝炎に関する研究)
著者:
B.Gharib et al (所属機関:Mediterranee大学、フランス)

概要:
分子状水素は、炎症組織で産生される殺細胞作用の強い・OHラジカルと反応するので、抗炎症作用が期待される。
本研究では、酸素・水素の混合ガスを、潜水からの回復に応用する経験豊富なグループによって実施した。
寄生虫で誘引した慢性肝炎マウスモデルを、0.7MPaの水素を補充した常圧チェンバーに入れて、水素ガス吸引による抗炎症作用を検討した。
その結果、肝炎の諸症状が抑制され、抗酸化酵素の上昇、過酸化脂質及び血液中TNFαの低下が観察された。
また、同条件でHeガスもある程度の抑制作用を示し、必ずしも・OHの除去作用のみが全てではないことを示し、水素の抗肝炎作用について更なる検討が期待されている。

PAGETOP

 

高濃度水素水生成器Lourdesについて詳しくはこちら

エステサロンでの導入事例

水素水を東北へ届けようプロジェクト

水素に関する学術文献

水素水情報館

湯上りカラダ美人