1. トップページ>
  2. 製品のご案内 >
  3. 様々な使い方

水素水の用途

特許製法だから、粒子が細かく非常に飲みやすいため、水の飲用が苦手な方でもあっさりと飲めてしまうし、12時間は1.2ppmという高濃度な水素溶存濃度を保つことができるため、外出時にペットボトルに入れて持ち運んでも、水素の効果が低下しません。 美容と健康、アンチエイジングのためにも1日1.5リットル程度の飲用がお勧めです。
紫外線や化粧品、水道水による洗顔によって肌に発生する活性酸素は、皮膚細胞を酸化させ、シワ・シミ・くすみ・毛穴の黒ずみなどの原因となります。
そこで、洗顔に水素水を利用することで、いつまでも美肌・美白を保つアンチエイジングができます。ミストボトルに入れて化粧水感覚で使用することもお勧めです。
活性酸素は素肌だけではなく、髪や頭皮でも発生し、悪影響を及ぼします。
例えば、紫外線や整髪料などに含まれてる化学物質は、髪の内部の水分と反応して、活性酸素の中で最も有害な「ヒドロキシラジカル」を髪の内部に発生させます。
髪の内部で発生したヒドロキシラジカルは、キューティクルにダメージを与え、枝毛・切れ毛・さけ毛などダメージヘアの原因になるため、水素水をミストボトルに入れて、ヘアケアや頭皮ケアにご活用ください。

 

オゾン水の用途

アトピー性皮膚炎や床ずれ、赤ちゃんのおむつかぶれ、水虫など、皮膚の気になる箇所へオゾン水を浸したガーゼを当てることで、治療効果があります。
オゾン水の抗菌性は、O-157やノロウイルス、インフルエンザウイルスなど、広範囲に渡ります。そのため、オゾン水で手洗い・うがいをすることで、病原菌の感染を予防できます。 また、脱臭効果も高く、歯周病に対する効果効能が医学的な臨床試験により判明しているため、口臭予防や口腔ケアにも最適です。
医療機関や老人福祉施設では、感染症予防のため、医療器具やリネンの殺菌に利用されています。
そのため、キッチンやお風呂、トイレなどの菌が繁殖しやすい水廻りの殺菌に有効で、トイレでは防臭効果もあります。
動物病院では、目の充血・炎症、発疹、発赤、痒み、紅斑、丘疹、脱毛、膿、油性脂漏、潰瘍などの治療に使われています。
犬や猫には、様々な菌やウイルスが付着しているため、オゾン水により丸洗いすることで、菌やウイルスを除去でき、皮膚病の予防・改善につながります。
また、毛並みも良くなり、ペット特有の臭いも抑えられます。

 
 

高濃度水素水生成器Lourdesについて詳しくはこちら

エステサロンでの導入事例

水素水を東北へ届けようプロジェクト

水素に関する学術文献

水素水情報館

湯上りカラダ美人